日本の青色について

b0016054_2025030.jpg外国に行くと、その色の豊富さに、胸が躍る。ただの西欧に憧れている人間の反応なのだろうか、と自分で分析してみるが、そんなに白人は好きではないし(むしろ鬼畜米英とか、ペルリのイメージをもっている)日本が嫌いなわけではない。おそらく、日本の建築現場を中心とした、安易な素材の選び方に、疑問を感じているのだ。
安価で、どこでも手に入るというのはわかるのだけど、まったくブルーシートを使いすぎである。どこもかしこも青すぎるのだ。しかも同じ青色なのだ。
透明の、ビニールシートを工事現場に使ったら、建物のでき方を見ることができておもしろいだろうに、などと考える。
画像は近所のクリーニング屋のテント。手が震えたら、展覧会の絵みたい。
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-01-23 20:39 | place


<< 手作りという付加価値 いつか伊豆諸島への旅 >>