農家の庭先とハワイ

b0016054_1815788.jpg中央がフカフカしている。モスラみたいだ。
かつて日本には空前のハワイブームがありました。裕次郎の時代です。農家のお百姓達の、この流行りへの反応は、ハワイっぽい木を庭先に植えることでした。そして今、その木達はこの極寒の中でも必死に生きています。
庭に植わっている南国風の木を見るたびに、辛気くさい気分になりますが、日本人のセンスに対するノスタルジーのようなものでもある。

ちなみに百姓というのは放送禁止用語である、ということを聞いたことがある。しかし「百のことができる」という立派な意味も持っています。好きな言葉です。
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-02-17 18:13 | place


<< ラチとらいおん 柚子の木 >>