上野動物公園で飼育係

b0016054_1620569.jpg20倍の倍率から選ばれて、やってきました「上野動物公園主催 大人の1日飼育体験」。
早朝8時前に正門の前に集合。東園3班としてトラ、ライオン、ゴリラ、カワウソなどのパートに配属され、さっそく班に分かれて園内を移動。そこからさらに各動物担当の飼育係のかたを紹介されます。私がお世話になったのは、夜の森ゾーンとペンギン、アザラシを担当しているかたでした。
夜の森ゾーンとは、開演前まで明るくて、開演と同時に自動で照明がおとされるようになっている区画。中で使われている蛍光灯は、太陽と同じ波長を出す特別なものだそうで、これのおかげで私たちは昼間でも動いているコオモリやヤマネコ、マメジカなどを見ることができるのだそうです。
画像は夜行性のスローロリス。木の上で生活するため、マメジカなんかと一緒の部屋で見ることができます。じつはお客さんから見えない裏の部屋にも数匹いて、関空などから不法に輸入・没収されたのが運ばれてくるんだそうです。彼らは一生小さなゲージの中にいるんでしょうか。さびしいなぁ。
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-03-25 15:59 | news


<< 馬肉と鶏頭 金沢の旬野菜 >>