言葉のおいしさ

b0016054_14381578.jpg食べものにおいて最も重要なのは、本当にビジュアルなのだろうか。
いや、どうもそうではないのかもしれない。NIKKEI DESIGN の包装向上委員会によれば、「MEGMILK」と「明治おいしい牛乳」のパッケージデザインでは、消費者は「MEGMILK」の赤いパッケージに印象をうばわれながらも、「明治おいしい牛乳」に手を伸ばす傾向にあるらしい。
このアンケートを元に考察してみると、どうやら見た目のインパクトよりもネーミングに購入の決め手があるように思われる。もしかすると、食においてより重要なのは、見た目の美しさよりも語感やその意味などの言葉なのかもしれない。
ということを考えていたところ、なるほど牛乳が好きな人のMEGMILKが発売になった。
画像は千葉県にあるのミルクコミュニティの生産ライン。MEGMILK巻き返しなるか。
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-05-20 14:08 | news


<< もしかして生物兵器 今日の天気 >>