遊園地やサーカス

b0016054_12475257.jpg遊園地やサーカスには、裏と表の対比が強くにじみ出ているからこそ味わえる楽しさがある。とくにその暗闇の部分のアイコンといえるのが「ピエロ」である。
「ピエロ」に底知れぬ恐怖感を抱くのは、その内側にもう一つの顔があるということが前提だからである。「ピエロ」になるには、もちろんおどけた動き方やジャグリングのような技などを磨くことが必須であるが、その者が「ピエロ」であると他者には認識されるには、とにかく化粧をほどこせばよい。その軽々しさが愉快(であるべき)な存在と、恐怖や残酷さを偽っているような存在とをより強く対比させて、恐怖を抱かせるに至るのである。
遊園地やサーカスには必ず裏があって、人知れぬ苦労や努力が渦巻いているものである。より伝説的に、ドラマチックな表舞台をつくるためには、その暗闇の部分は欠かすことができない。

ナツイチ!ホラー映画 「イット
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-07-18 12:47 | place


<< おいもとおとまと ジャムのこども >>