名前をつけてやる

b0016054_22545962.jpgフクロウとミミズクの違いみたいに、蝶と蛾の違いも、本当はたいした問題ではない。
なのに蛾は蝶と違って人気があまりないので、研究すると新種をかなり発見できるそうだ。
新しいものを見つけたら、次にやることは名前をつけることである。
星や、バラや、子供みたいに、蛾にも名前をつけてやる。

10cm以上ある蛾でも、特別な夜なら不思議と恐ろしくない。
そもそも、なんの危険もないもの(昆虫等)に対して、年齢を追うごとに恐怖心を抱くのはいったいなぜなんだろう。
蝉なんか、昔は容易に触ることができたはず。
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-08-07 23:13 | place


<< 真夏に雪を見る 丹沢水系のキウイジャム >>