下丸子のハワイアン

b0016054_21593031.jpg下丸子という、もう一生訪れることのないような場所で、日系ハワイアンのおじいさんに軟派される。色眼鏡をかけて、カメラを首から下げたような、いかにも観光という風貌の人が、なぜこんな住宅地をうろうろしているのか。英語と日本語が半分ずつ入り交じるしゃべり口がおもしろかったので、とりあえず駅まで一緒に歩いた。
年寄りの話を聞くのは嫌いではない。が、ニコニコしながら黙っているのも、けっこう、しんどい、ものですぜ。話の締めが「あんたはいいこだねぇ」とかだと、なおさらに。

右からロゼワイン、イチゴオレ、グアバジュース、ベリーミックスジュース。
ピンク色というのは、曖昧であるがために、生物学的にも誘う色だそうです。一方で、誘われる対象ではない人たちには不愉快に映るとのこと。受け手と発する者というのも、また曖昧なものではあるけれど。
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-09-02 22:46 | place


<< コーヒー哲学序説 ピンクの3時間後 >>