受付にしいたけ

b0016054_12591152.jpg美術館とランチは、きっと同系列である。
平日の美術館にはそういう中年女性のお客さんしか来ない。彼らはグループで動き、そしてそれぞれがすごく似ている。
あとは芸大受験したい雰囲気を無闇にぶつけてくる親子や、彫刻科の威勢のいい学生とか、その辺りである。
ひまだ。

受付では微妙に用事が入ったりするので、読書がうまくできない。よって行きたい場所をリストに書きだしたり、落書きをしたりしている。しかし、このように退屈が味わえるのは、なかなかけっこうなことだとおもう。そう思えるのは、以下の本の影響。私はこの訳嫌いではない。
 →退屈の小さな哲学
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-09-21 12:36 | place


<< 雑誌に掲載されました 虫山です。 >>