庭とお金の方程式

b0016054_101229100.jpg造園は商業として確保された芸術分野である。
それはやはり、庭を専門の技術を持った家庭外の人にお金を払って手がけてもらうというシステムが、日本に昔からあったということが大きい。といっても、庭を持つこと自体、特定の裕福な層に限られてはいたが。
ちなみに日本の外食は、蕎麦や寿司などファーストフード的な要素を持って、町文化を中心に江戸時代をピークに発達した。プレタポルテに関しては、着物という物の種類にもよるが、よほどの家柄や冠婚葬祭でなければ、家庭の中で生産されてきたものである。
造園業と現代美術の交差点に位置するパトリック・ブラン《緑の橋》@21世紀美術館を検索をかけると"パトリック・ブラン日本代理店"というものが出てくるのに驚く。彼の名前はブランド的な記号として流通しているのだ。

新大久保で食べた鍋には、麺とキムチとチーズとソーセージと...
いろんな味がして、なにかもんじゃ焼きを彷彿とさせる構図。
造園系の人たちは、食に関してダイナミックでありました。
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-09-26 10:11 | place


<< ビルの谷間でチュー学校 移動と旅の建築家 >>