ピー・エー・エム・エム

b0016054_23224844.jpg先日、久しぶりに総合造形のパフォーマンスに出かけた。
このイベント、同コースが生まれて5年後から続いているというから、もう25年目になる。山口勝弘や篠田守男といった日本美術界の重鎮が統括を握ってきた名物授業なのである。
現在は、かなり縮小してしまい、授業の発表会的要素が強くなってきているので、昔のような"授業なのに事件"であるような、そういったハプニング的な良さは見あたらない。良くはできているんだけど...
昔の記録を見ると、頭部が燃えていたり、猿がいたり、なんやかやでスキャンダラスな作品が多くて見応えがあったものだ。でも、先輩後輩がどこかしろから集まって、同窓会みたいになる独特の雰囲気は健在であった。といっても、昔ほどではないのだろうけれど。
写真は恒例の打ち上げパーティーのようす。他人の作るパーティーって、やはりいい。
私の源流、ここにありました。
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-11-26 23:41 | news


<< 行列のできる美術館 もみもみ、もみの木 >>