どこなのベストビュー

b0016054_22233898.jpg360度の景色が楽しめる、バブル期の産物「回転レストラン」。
フロアがリング状になっており、窓際にテーブルがズラリ配置されている。
食事をしていると、刻一刻と変化していく風景。
ふと気がつくと、さっき見た風景まで戻っている。
それはそれは損した気分になる。妙な。

移動するなら、同じ場所をぐるりより、一直線に駆け抜けたい。
丸見えよりは、チラリが良い。
全部見所って言うのは、結局どこにもなにもないってことだ。

しかしながら、こういう退廃的なものの醸し出す雰囲気が
何とも言えず好きなのだ。
80年代郊外生まれ。
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-12-14 22:48 | place


<< その肩の向こう ご馳走としてのおっぱい >>