あさっての絵葉書

b0016054_150328.jpg... 心の中で「よいしょ」と言わないと、なかなかポストすることができない。せっかく書いて、切手まで貼ったのに、持って帰ってきてしまうことも幾たびかあった。この口惜しい気分はなににもいいかえることができないほどである。その起こりうる心の傷を、少しでも軽減しようと、いつしか購入する切手は7枚が定番になった。ささやかな、3枚の保険なのだ。
しかしこの骨を折る投函作業を乗り越えれば、あとは郵便というシステムが、素早く、シンプルに、相手まで運んでくれる。その確実さには大変好感を持って生きている。
そしてなにより、届いた葉書のにおいを嗅いでまで、喜んでくれる友人がいるので、どうしてもやめられない。
あさってからまた、絵葉書を書きます。
[PR]
by nakayamaharuna | 2006-03-25 15:06 | greece


<< 金物屋の蔵 切手を7枚ください。 >>