雨の日、映画館

b0016054_19541885.jpg映画館の暗闇が、最近別の意味を持っているような気がしてきた。今までの特別な場所という感覚から、また一歩深く、そして暗いものとして私の中に広がっている。

水木しげるののんのんばあとオレにもでてくるが、水木さんの父上は一時期映画館をやっていたそうである。それによってけっこう儲けるのだが、そんなのもつかの間、すぐに映写機を盗まれてしまい、どん底に転落...

映画はパチンコなどの博打と相重なる商売として社会で成り立って来たらしい。今の映画業界でも、映画が当たるか当たらないかは予測不可能だそうで、「映画は水物」といわれる由縁がそこにある...
[PR]
by nakayamaharuna | 2006-05-21 20:36 | place


<< 映画と映像 ネックレスの日々 >>