映画と映像

b0016054_8443254.jpg...映画は見るものにとってエンターテイメントなのだが、映画を商売とする人にとっても、スリル満載のやみつきになる仕事だそうだ。それが由縁かどうかはわからないが、映画業界は今だ素人の追随を許さぬ、独特の雰囲気がある。素人の私は、まず挨拶回りから始めなければならない。

ちなみに他の追随を許さないのは映画だけではなく、テレビ、映像作品等のそれぞれの敷居もぞっとするほど高い。私のような「鑑賞する者」からは同じものに見えるけれど、それぞれの世界の交流は驚くほどに少ないのである。見る側からはわからない、特別な事情があるらしい。

以下は映画ではない。今までもっとも近くにいた「映像」を、懐かしむ日々。
pub - honda accord domino - Google Video
[PR]
by nakayamaharuna | 2006-06-04 19:51 | place


<< ヨロガジあります 雨の日、映画館 >>