ヨロガジあります

春風亭昇太氏が「なつかしさは最強」とおっしゃるのなら、わたしは「偶然」ほど強いインパクトはないのではないか、と考えます。(最近落語熱)今日たまたま出会ったポシャギに、さらに別件でその日のうちに再会してしまいました。

ポシャギ。
物を包んだり覆ったりする韓国の布の総称で、日本の風呂敷のようなものを言います。(参考→Pojagi)パリッとした麻の布を、独特のパッチワークで縫いつなげるのが魅力で、じわじわと人気が出てきているよう。都内にも少しだけ習えるところがあるようです。6月10日には三軒茶屋の生活工房で、もう一度ポシャギ作り講座があります。日曜日の午後、しずかに針をすべらす時間というのは、なんとも贅沢なことなんだろう。お勧めします。

ちなみに「ヨロガジ」というのは「いろいろ」という意味だそうです。目下、仕事を2つも3つも抱えていて、別件で図書館に出向いたら、ポシャギの本に出会ってしまったのでした。小さなことが、とてつもなく大きなスケールに突如変換されてしまうのが「偶然」のものすごいことです。暗示とか、思いこみとか、恋みたいなものでしょうか。

ヨロガジありますけど、出会いを大切に!
[PR]
by nakayamaharuna | 2006-06-04 21:26 | place


<< 7月時効 映画と映像 >>