笛を吹いて鯨

b0016054_1181230.jpg本当においしいものだけを少しだけでいいから食べていきたいなぁと思うのは、バブル期が他人事だった世代の思想です。20代から30代のわたしたち。

長右衛門さんの笛吹のお湯のみで、松葉屋さんのくじら羹を食べる!
くじらは黒の部分が昆布の羊羹、白のところが道明寺を寄せたものでして、石川県は小松にある、月よみ山路(絶品!)で有名なお店のものです。都内でも有名デパートで手に入りますが、やはりお土産として誰かからいただくのが、なにより格別な味になるんです。
[PR]
by nakayamaharuna | 2006-09-24 01:29 | news


<< ダブルネーム 秋は夜長はフラフラと >>