パン屋の巡礼者

b0016054_2238521.jpg初めての土地に行く際に、おいしいパン屋をかならず調べてから訪れる人は多い。私は彼らをパン屋の巡礼者たちと呼ぶ。
パン屋はその土地の"らしさ"がよく現れる場所である。焼きたてのパンはその店がいかに賑わっているかを証明するものであるし、賑わいはイコールしてその土地の人々そのものを表す。ゆえにパン屋は、旅先の市場やスーパーマーケットとは少し違った、もっと身近なその土地の楽しみ方ができる場所なのだ。

群馬は内陸の気候を生かした、いわずとしれた小麦の産地である。
小麦が材料に使われるうどん、お菓子、パンの類の店がそこここにある。農家の軒先みたいなところに忽然とパン屋があったり、住宅地にひっそりとうどん屋があった。

そういうわけで、どんなに道に迷ってもパン屋が味方してくれたような、群馬県の旅。

でも写真はうどん屋です。もちもち
[PR]
by nakayamaharuna | 2006-10-11 22:52 | place


<< 2.5倍のイニシエーション けむり >>