アーティスト・イン・レジデンスを考える

3月10日に茨城県守谷市にあるアーカススタジオにて
アーティストのキャリアについて考える座談会が開かれます。
思い当たる方も多いはず。ぜひお越しください。

もちろん今回もスイーツの出張をいたします!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
アーカスプロジト2006いばらき
座談会:アーティスト・イン・レジデンスを考える

アーティストのキャリアと社会
http://www.arcus-project.com/japanese/mailing/mailing.htm


若いアーティストには、どのようなキャリアと可能性が待ち受けている
のでしょうか? 美術館、NPO、メディア、アーティスト・イ
ン・レジデンスは、それぞれ、どのような立場でアーティストのキャリ
アに関わっているのでしょうか? 異なる立場でアーティストと
関わる経験を持つ方々をゲストに迎え、レジデンス事業とアーティスト
のキャリアとの関係、そして、その先にあるアーティストと社会との関
わり方について考えます。

【日時】
3月10日(土)13:30〜17:30

【会場】
アーカススタジオ(もりや学びの里内)

【出演者】
小泉明郎(アーカス2003アーティスト)
稲垣智子(アーカス2004アーティスト)
大巻伸嗣(アーティスト)
原久子(アートプロデューサー)
住友文彦(東京都現代美術館学芸員)

[PR]
by nakayamaharuna | 2007-03-06 18:09 | news


<< 流行通信4月号 OUR DAILY BREAD >>