カテゴリ:未分類( 8 )

「3泊4日」というブランド

プーマのトップコレクション“96HOURS”。
96時間(3泊4日)のなかの様々なシチュエーションをイメージしてつくられるコンセプトで、neil barrettがデザイナー。セントマーチンの卒業コレクションでグッチにスカウトされたという逸話のある彼が作り出す服は、まさにグッチでつちかわれたエレガントなイタリアンメイドプーマ。

最近のスポーツブランドのデザイナーコラボは、選ぶのに困るほど豊富で、クオリティーの高さのわりに値段がかわいい。だからうれしい。
[PR]
by nakayamaharuna | 2007-05-14 00:11

八百屋のおたま

b0016054_115425.jpgあたしが今宮神社に毎回必ず行く理由は、気がつかなかったけれどいくつかあるらしい。
ひとつめは八百屋のおたま。おたまは玉の輿の語源となるすてきな人生を歩んで、そしてここに祀られている。
ふたつめはそれにあやかったお守りが野菜の柄をしていること。でもわたしは買ったことがない。現状のしあわせを、なんだかこじらせたくないような気がするから。
[PR]
by nakayamaharuna | 2007-01-16 01:03

続・行列のできる美術館

b0016054_0335157.jpgジブリ展が大人気だったというのは耳にしたけれど、これは敷居の低い美術館として成功したという一つの例なのか。だったら、常設展にだって行列はのびているはずである。が、残念なことに、イサム・ノグチの1/10も人はいない。いつものMOT、よりちょっと多いくらい。行列に並ぶ多くの人が、木場のこんなところまで来て、イサム・ノグチだけ見て帰って行くらしい。なんてもったいないのだろう。
もし、美術館が教育の意味を持つ施設であるとするならば、近・現代美術史における上質のコレクションをもっている、ここの常設展まで足を運ばさせる努力が必要である。ジブリやらなんやらでいくら予算をクリアしたとしても、美術館の存在意義はそれだけでは見いだせるわけがない。存在の意味がなくなってしまう。
なんなんだ、ちくしょー 悲しくなっちゃうぜ。
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-11-29 00:35

一枚千匹

b0016054_23283012.jpgウィンドサーフィンがすいすい横切る江ノ島のそばで、紙漉みたいに作られていた畳鰯。千匹以上がひとつになって一枚の畳鰯。ゆでてから干したのがシラス干し。生のまま干したのが畳鰯。干すことでおいしさの拡張畳鰯。あぶるとさらにおいしい畳鰯。同じ形のくり返し畳鰯。
今が旬のシラスを追って茅ヶ崎へ。でもすっかり心は畳鰯のとりこ。
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-05-04 23:57

場所の読書

b0016054_1324910.jpg海辺で本を読む。サウナで本を読む。スポーツジムで自転車こぎながら本を読む。公園の日陰で本を読む。朝ごはん食べつつ新聞を読む。電車の中で本を読む。喫茶店で本を読む。本屋で立ち読みする。料理しながら本を読む。月明かりで本を読む。布団の中で本を読む。
金沢21世紀美術館には、入場無料のタレルの部屋がある。 天井には穴が開いている。よって雨も吹きさらしだ。ここで一日中本を読んでいる人がいるらしい。しかも夜10時までいることができるらしい。
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-04-04 13:27

韓国のキリスト

b0016054_1552137.jpg韓国のキリスト教人口はカトリック38%、プロテスタント17%だそうで、町中で見かける教会も日本よりずいぶん多い。
ハワイの移民歴史村みたいなところに行ったとき、韓国人のおうちがキリスト教信者だったのが印象的だったのを思い出した。昔は本国で異端者として追われた末、ハワイに移り住んだ人が多かったそう。
儒教バリバリの礼に厳しい文化も、まだまだ韓国らしさの一つだが、最近の韓国の話題といえば整形だろうか。韓国人女性の70%がどこかしら整形しているそうで、これも他宗教による儒教の教えのゆるみなのかもしれない。
一重が一般的な朝鮮民族なのに、就職や結婚のためにする整形のせいで、みんなちょっとおかしな顔をしている。よくよく見るとナチュラルな顔じゃないのがわかるのは私だけではないはず。かわいいんだけどどこかおかしい。ノムヒョン大統領が整形したのも、韓国ではそんなに話題にならなかったけれど、整形が一般的、むしろ常識だという国民の認識の表れだろうか。
それにしてもぱっちりおめめの母さんたちが連れている子どもは、やはりしっかり一重の朝鮮民族の顔をしている。どうかんがえてもアンバランスだけど、整形した本人たちはコンプレックスを克服できて、いい気分みたいだ。悪いことじゃないけど、なにか変な感じがするのは、単に文化の違いだけなのかしら。
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-02-27 16:16

かぼタン

b0016054_10404195.jpg大分のイメージキャラクターにかぼタンが採用とのニュース。これはヒット間違いないです。
鳥取のトリピーのように、健やかに育って欲しいです。
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-02-08 10:44

Tsunami

b0016054_5494467.jpg日本はすでにお正月ですが、今だNew Year Eveのロンドン。9時をもうすぐまわります。2004年の終わりをベイビージーザスの画像で締めます。

話は変わって、26日のBoxing Dayからテレビやラジオで「ツナミ」という言葉を耳にします。インド洋沖で起きたあのニュースのことですが、要するに、この国には地震がない。よってそれ関係の言葉も存在しないため、イギリスでも「津波」はツナミなのです。しかし発音が「ツ・ナーミ」なので、いちいち違う!と気になってしまう。無駄な気落ちをしています。
今日などは、スーパーに行ったところ、ツナミの募金がありました。でも綴りが「Tsuani」だったので、また余計な落胆をしました。
悔しかったので、同居人に「白人の見分けがつかない。」と、わけのわからない嘘をいってしまった。本当に、無駄な嘘でした。

では良いお年を!
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-01-01 06:02