カテゴリ:yamagata( 5 )

いつでもキュウリ

b0016054_0231089.jpgキュウリの間違い探し。愛らしい、奇形のキュウリたちですよ。

今の時期、カバンに一本しのばせて、いつでもどこでもキュウリをかじりたくなります。
[PR]
by nakayamaharuna | 2006-07-17 00:25 | yamagata

しろがね湯

NHKドラマ「おしん」の舞台となった銀山温泉。その名の通り、銀を採掘していた山にある温泉で、木造の湯治場が趣のある雰囲気で並んでいます。徒歩でしか入れない温泉街をさらにすすみ、山を登ると、滝が飛沫をあげ採掘跡の洞窟がひんやりと広がっています。

共同浴場を探していたら、某有名建築家の"有名建築家らしい"建築物がそれでした。銀山温泉の"ぎ"の字も感じられないデザイン。つくった者の強烈なエゴイズムを感じて、ぞっとしました。建築の怪談。
b0016054_23331625.jpg

[PR]
by nakayamaharuna | 2006-07-02 23:42 | yamagata

デート最優先主義

b0016054_1283377.jpg
今年度の新入社員の8割がデートより残業を選ぶ 
   →景気回復でも「デートより残業」8割:asahi.com

んな、アホな!とおもってよくよく自分のことを省みてみれば、新入社員な自分がいるうえ、デートなんかしばらくしてないことに気がつくのであった。
[PR]
by nakayamaharuna | 2006-06-22 01:34 | yamagata

なぜ、佐藤錦は高価なのか その1

b0016054_8384098.jpg正直言って、普段購入するさくらんぼは、赤黒い色をしたアメリカンチェリーが関の山である。佐藤錦は果物の中でも高級品の印象が強い。だいたい1パック三桁後半だし、三千円〜五千円なんてざらである。これはもう、日常的な買い物の域からは完全に脱しているだろう。自然、自分用に買う果物レベルは、値段の安定している輸入物が平均になっていく。佐藤錦などは、一年に一度食べるか食べないかの、遠い存在といっても大げさではないだろう。
なぜ、こんなにも佐藤錦の値は上がるのだろうか。

1. 雨に弱い
水分がかかると、果肉が膨張して、割れてしまう。ひび割れは、そのままうまく乾燥する場合もあるけれど、ほとんどそこから黴びて、腐敗してしまう。
そのため、数本の樹ごとに大きな屋根のようなビニールハウスをかけなければならない。
それにかなりの手間と経費がかかるのである。
[PR]
by nakayamaharuna | 2006-06-21 08:49 | yamagata

さくらんぼ駅

b0016054_211559.jpg気になる、じゃなくて樹になるルビーと称される佐藤錦。小さな恋人、佐藤錦。すてきなご縁を頼りに、今が旬の佐藤錦の出荷の様子を覗いてきました。

山形に向かうつばさの車窓からは、もうすでに赤い実がみっしりとついた桜の木が、果樹園や家の庭先に見て取れます。いよいよ山形駅を過ぎると、柳宗理のバタフライスツールで有名な天童木工の天童駅を過ぎ、ふたつめの駅「さくらんぼ東根」が今日の目的地です。
[PR]
by nakayamaharuna | 2006-06-17 02:31 | yamagata