カテゴリ:kyoto( 9 )

みっつめ

b0016054_133540.jpgみっつめはあぶり餅があるから。神社を出たところに二軒向かい合わせのそのお店は、どちらもまったく同じお餅を売っていて、どちらも香ばしいお餅にきなこと甘いたれがたくさんついていること。
よっつめはハンコがたくさんあること。御朱印のほかに鳩のハンコや猿のハンコが10個くらい並んでいる。おしておして、おしまくりたい。
いつつめは大徳寺のうしろだから。そもそも大徳寺が好きなんだった。
[PR]
by nakayamaharuna | 2007-01-16 01:05 | kyoto

清く正しく

b0016054_2252530.jpg美しく清められた洗面所。お寺の宿泊施設です。
プラスチックのコップが流しの前にひとつひとつ配置され、清潔に磨かれたタイルの目地にきちんと揃えられている。大変美しい...。 
人が美しいとおもう対象は、けして美術とか自然とか、そういうものだけには限られない。

翌朝は掃除当番が違う人物だったのか、合わせる目地の位置が微妙に違った。必要最低限の美。
[PR]
by nakayamaharuna | 2007-01-08 22:17 | kyoto

じゃりおん

b0016054_22375252.jpgズー... ズー... と、音がするのは庭師のいる枯山水。見かけの美しさだけでなく、防犯の意味もあった庭のジャリ。砂利を踏みしめると、周辺のみでなく体中に音が満ちる。

満ちるといえば京都のみず。
鴨川をはじめ桂川、高瀬川とあんなにも水に満たされた土地で、さらに枯山水を作って趣を得るのか。そして手元には一杯のお茶。
[PR]
by nakayamaharuna | 2007-01-07 22:50 | kyoto

しろしろや

b0016054_0282629.jpg京都から帰って、すぐさま明恵を調べはじめた。

明恵上人の育てた日本最の茶園や、運慶が彫った明恵の飼い犬の像、「明恵上人樹上坐禅像」をみても、なにかがひっかかったのだ。極めつけはこの句。

 あかあかや あかあかあかや あかあかや
   あかあかあかや あかあかやつき

なんて句なんだ... まさしく絶句した。


でも高山寺は雪化粧。まっしろ。
[PR]
by nakayamaharuna | 2007-01-06 00:52 | kyoto

栂尾へいく

b0016054_2322339.jpg京都駅からJRバスで1時間ほどの栂尾。ここは鳥獣戯画で有名な高山寺がある。雪が激しく降っているのでお客さんはほとんどいない。
こんにちわー!と大きな声を出すと、けがをして首にプラスチックの襟巻を巻いたななちゃん(犬)が飛び出してきた。飼い主らしい寺の番をしてるおばさんは極めて愛想がない。でも勇気をふりしぼり、お抹茶の券も買う。
「栂の梅」のためなら400円なんて。

吹き込む雪のせいで渡り廊下にはバスタオルがしきつめられ、縁側もびしょびしょである。もうよけてもてもよけきれないのだ。靴下が濡れる。
[PR]
by nakayamaharuna | 2007-01-05 23:41 | kyoto

モハ102-120

b0016054_959740.jpg電車には記号が書かれているのをご存じだろうか。
あのゴシック調の書体が好きで、よく目にとめてしまうのだが、注意してみるといろいろ種類がある。モハ、キハ、マハ等々...

たとえば右の写真では
モ 電動車(モーターのある車両)
ハ 座席車(普通車)
という意味をもつ。

ちなみに飛行機にも機体記号はあって、JA02MCだと、日本のスターフライヤー社の飛行機というふうになる。MCは同社の事業理念マザーコメットを意味する。オシャレ。

中国運輸局
[PR]
by nakayamaharuna | 2007-01-02 10:40 | kyoto

音楽で暴力で極楽

b0016054_9295399.jpg2001年に完成した平等院鳳翔館は栗生明の作。
建物の善し悪しはさておき、館内では木造雲中供養菩薩像26躯が見もの。
そうか、極楽浄土には音楽に充ち満ちているわけだ。

いわゆる平等院のアングルから眺めると、ひとつ気になるのは右正面に見える15階建てのマンション。
建築の存在はときに暴力的でさえある...
[PR]
by nakayamaharuna | 2007-01-02 09:52 | kyoto

智積院の朝のお勤め

b0016054_2338326.jpg6時00分 館内放送で起こされる。
     寒すぎるので持ってきた服を全部着重ねる。ハイジ...
6時15分 集合。参加者は4人みたい
6時30分 金堂にて朝のお勤め。
     鐘が鳴り僧侶たちの読経。おもしろい。
     お坊さんの袈裟に目を奪われる。
7時10分 明王殿に移り、護摩祈祷。
     お堂の中で盛大に火が焚かれる。
     雪が降り始める。寒いはずだ。
7時30分 小堀遠州作の名勝庭園に連れて行ってもらう。
     利休好みの庭!
8時00分 国宝の障壁画を見せてもらう。
     長谷川等伯がかいた松。
     息子が狩野派に毒を盛られた話等。
8時20分 朝御飯
8時50分 おでかけ
[PR]
by nakayamaharuna | 2007-01-01 00:00 | kyoto

京の白い年末

b0016054_2384224.jpg初雪で真っ白になった京都に、のんびり一人でお出かけ。
しんしんと降り積もる雪の京都では、お正月の準備で賑わう店先にも白い色が目立つ。
味噌屋はお雑煮用の白みそを揃え、餅屋は鏡餅と雑煮用の餅を所狭しと並べる。また漬物屋も旬の千枚漬けを揃えているので、店先は真っ白な清々しい雰囲気。
そんななか、お正月の準備で賑わう京の台所 錦市場はものすごい人手で黒山の人だかり 。白と黒の年末。

よいお年を!
[PR]
by nakayamaharuna | 2006-12-31 23:30 | kyoto