<   2005年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ピアノがひけないの

b0016054_19245591.jpg・小学校の時首をガクガクさせながら演奏する子がいて、どうも苦手だった。
はたまた
・音楽で感動する機会がほとんどなかった。
これもある
・ピアノを弾いている最中はまったく別のことばかり考えていて、別の価値を見いだしていた。
・ピアノに関するDNAがなかった。
等々。

ではなぜ18才まで弾き続けていたのか。
答えは簡単である。やめられなかったのだ。
ピアノに関しては、やめることさえできなかったのだ。
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-10-30 19:28 | place

ピアノがひけるの

b0016054_9422039.jpgピアノがひけるかひけないか、その差はどこにあるのかたびたび考える。
私はまがりなりにも大学に入るまで習い事としてピアノの前にいる時間はあったのだが、いかんせん身体全体で演奏して、楽しみを見いだすというものにはほど遠かった。楽譜の通りに指先だけはうごくけど、ピアノが身体の延長になり、曲に入っていくあのかんじはどうやっても表現できない。
理由はいろいろ考えられる。たとえば...
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-10-28 09:59 | news

蕎麦はバッチリ

b0016054_22444448.jpg唇にも味覚はあるのだろうかと尋ねられたら、私は「ある」と答えたい。
蕎麦をすする音や、熱いお茶をすするときのあの音などは、日本人特有のものの味わい方である。インド人がカレーをまず手でこねて味わうように、日本人のすするという所作は、なかなか難易度の高い作法のひとつなのだ。
ペットボトルのお茶の存在なんかに現れているように、外国人というわけではなく、すすれない日本人の若者が増えている。その音を恥じて"しない"のではなく、馴染みがないから"できない"らしい。
湯飲みにどう口をつけるかわからなかったり、熱々のお茶を猫舌だからと敬遠するのは、味覚のひとつが欠けたような、そんな物足りなさを感じてしまう。
音や唇の感じも、ひとつの味覚と考えていただきたい。蕎麦はバッチリすするのがよろしい。

画像は今が旬のお蕎麦の畑。新蕎麦がおいしい季節です。
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-10-25 23:02 | place

やまのぼり

b0016054_1156984.jpgやきぐりが
マグに入って
のこぎりざめの
ぼんやりぼちぼち
リカちゃん人形
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-10-24 12:00 | place

こんなプレゼン、と

b0016054_215593.jpgたとえ論文でも、3Dにして考えます。資料を切り貼りしたり、書く素材(今回は黒板)をつくったり。
たとえ図書館で調べものをするとしても、フィールドワークやパフォーマンスとして動きます。ページをめくる感じや、その場での自分のたたずみ方も、その本となじむように、とにかく空間を楽しむ。

そうやって集めてきた情報を、どんなふうに並べてもよい(かもしれない)。それが論文の醍醐味かと、おもうときが、たまに、あります。
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-10-22 02:24 | study

先端の論文

論文の最先端ではなく、先端の論文。
こいつはくせ者だ。なぜなら美術表現をしている作品群と、おなじ時間、おなじ空間に並べなければならない。先生に書きかけのレジュメを渡して、ちょっと意見を拝借というわけにはいかない。
どうして論文という表現のフィルターを"選んだ"のか、その論文を書くことにはどんな"意味"があるのか、どういうふうに論文を"みせる"のか。そういう異常な質問を投げかけられるので、こちらとしても異常な用意をしてかからねばならない。
ペンとペンキとパソコンをもって、右往左往の深夜0時。
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-10-19 00:00 | study

イベント&パーティーのお知らせ

b0016054_21142856.jpgアーティスト・クリエイター・NPO等の非営利的な活動やその支援に関する対外的な問題について、アドバイスやコンサルティングを提供する組織Arts & Lawが、来る10月29日に世田谷区池尻の「IID世田谷ものづくり学校」でイベントをします。
アーティスト、ディーラー、法律家、オークショニア、コレクター等の方々が集まるささやかなパーティーもあります。パーティーのコーディネートは.automealが担当!廃校をリノベーションした会場も見所のひとつです。
ぜひぜひお誘い合わせの上、お越しください。

Happy Hour

その前に論文かかなあかん。キャー
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-10-16 21:13 | news

ピーとナッツ

b0016054_2328267.jpg豆(pea)は草本類だが、木の実(nut)は樹木として実をつけます。
ピーナッツは、よくよく考えるとその両方の名前をかねそろえていておもしろい。
味は木の実のように油脂分が多いけれど、実は写真の通り、一年草の草本類です。
土の中で実をつけるので、取れたての落花生はこんなふうに土まみれ。
塩ゆでにすると、バタピーなんかとは違った、さっぱりとした豆らしい味。

初夏にまいた落花生が、収穫時になりました。

落花生はどうやってできるの?
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-10-14 23:24 | place

ヒルズでアロマトリックス

六本木のTOHOシネマズで「チャーリーとチョコレート工場」をみる。
念願のアロマトリックス。チョコレートのシーンになると、劇場内に香りが立ちこめる、というまさにこの映画にぴったりのシステム。
しかしながら、期待していたよりもチョコレートの香りはチープだったし、香りもほのかでした。
映画の内容の方が、よほどヘビーでリッチなチョコレートの表現をしている。原作に忠実に演じられている言葉の表現も、ティム・バートンが再現した映像表現も、どちらも実際にかがされるアロマトリックスよりもリアルである。
そういう点で、この映画はとても成功していると思う。初めて見たときは、素晴らしい表現の数々に鼻血が出そうなくらいうれしかったものである。
そういうわけで、今日は何度目でしたか。複数回見ております。
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-10-13 00:56 | place

はじめてのSkype

b0016054_143494.jpg初めて使ってみた。
非常な感動。
iBookを持ち上げて、全方向からながめてしまった。
だって携帯よりクリアだぜ。
マイクはいずこ...

世界中の男性とつきあえそうな気がしてきた。
要するに、世界観変わるってお話。

get! Skype
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-10-10 01:42 | news