<   2005年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ごめんねWord

ちょっと文章を寝かせて、
再度開くと、
そのたびに文章の穴が見つかる。
Wordが壊れてるんじゃないかと
やたらと疑ってみたりするのです。

罪のないWord。

ごめんねWord。

君もさすがに疲れたでしょう。
毎日毎日これじゃあね。

iBookのほうも、キーの文字をすり減らして
がんばっております。

やーやー、みんながんばりましょう。
君らがいないとわたし何もできなくなっちゃう。
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-12-29 00:11 | study

ライティングハイ

ランナーズハイならぬ
ライティングハイになってきました。
いや、タイピングハイかな。

だんだんiBOOKの前で
ジャズピアニストみたいになってきました。

寝ても覚めても論文です。

考えすぎで、頭が大きくなっていくような気がして
おそるおそる鏡を見ました。
でも、いたのはやっぱり自分でした。
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-12-28 01:22 | study

日めくりでクリスマス・バッハ!

b0016054_16285497.jpgチョコレートの入った、12月のカウントダウンカレンダーを、アドバントカレンダーといいます。実はチョコレートだけじゃなくて、中から出てくるのはクリスマスのオーナメントだったり、小さなおもちゃだったりと、いろいろな種類があります。
日本人がかつて「もういくつ寝るとお正月」と心待ちにしたように、ヨーロッパ人も指折り数えて待っていたクリスマス。そのワクワクしている気持ちが、この毎日一個のサプライズに現れているような気がして、人ごとながらわくわくします。
左はBBC-Radio3のバッハのアドバントカレンダー。日めくりでバッハの豆知識が聞けます。もちろん、毎日アクセスするたび、異なるバッハの曲目。
素敵です。
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-12-20 16:40 | news

覚醒する意識不明

b0016054_23343265.jpg「食」と「哲学」がそうであるように、
「睡眠」と「学問」も身体活動のうえで対極の位置にあるため、
いまだ不明な点が多い。
眠ることと意識して思考を巡らすことの同時進行は困難だからだ。
夢がコントロールできるという人がいそうであるが、
ぜひ睡眠に関する科学者になるべきである。
年末ジャンボより高確率で、大当たりするだろう。

とある学者は、睡眠を「覚醒することが前提の意識不明」と
定義した。
きのう銀座の路上で倒れていた人は、
果たしてその後、覚醒したのだろうか。
周りの人の呼びかける声は、彼を夢から呼び起こしたか。
師走はほんとに忙しない。
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-12-19 23:36 | study

その肩の向こう

b0016054_2257619.jpgこの肩の向こうには現代のフランドル絵画!
といわんばかりのご馳走が並んでいました。
たしかに豪華な品々ではあるのですが、
冷凍庫/電子レンジ経由のご馳走たちに見えました。

パーティーの食べものなんて、
壁の絵やお花よりも、ちょっと気の利いた
飾りという認識なのでしょうか。
だったら美術館ってなんなんですか。

「私に任せてください!」
と、AさんとOさんとMさんに向かって
叫びました(心の中で)。
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-12-17 23:20 | place

どこなのベストビュー

b0016054_22233898.jpg360度の景色が楽しめる、バブル期の産物「回転レストラン」。
フロアがリング状になっており、窓際にテーブルがズラリ配置されている。
食事をしていると、刻一刻と変化していく風景。
ふと気がつくと、さっき見た風景まで戻っている。
それはそれは損した気分になる。妙な。

移動するなら、同じ場所をぐるりより、一直線に駆け抜けたい。
丸見えよりは、チラリが良い。
全部見所って言うのは、結局どこにもなにもないってことだ。

しかしながら、こういう退廃的なものの醸し出す雰囲気が
何とも言えず好きなのだ。
80年代郊外生まれ。
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-12-14 22:48 | place

ご馳走としてのおっぱい

女の人の、成熟した裸!
とくに胸は、赤ん坊でなくてもグッと来る人間の部位である。
猿のようにわたしたちの視線が地面に近かったら、
胸はこんなに魅力的にはならなかったはずだ。
かたち、テクスチャー、大きさと、
おっぱいにはさまざまなキャッチーさが溢れんばかり。
それも、目線の行きやすい部分にそれがあるのだ。

おっぱいの絵画と食べものの絵画は似てる。
いや、むしろ同じものかもしれない。
実際、おなじ画面に描かれることも多いのである。

そういう第2章3節を書いてます。
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-12-13 22:33 | study

オダくんがすごい

今日行われたフィギュアスケートNHK杯で、1位をとった織田くんがすごい。
・織田信長の子孫である。
・それなのにフィギュアをしている、
・鳴かぬなら 鳴かずにいいじゃん ホトトギス と詠んだ。
・でも今日(も)1位をとって、大泣きに泣いた。
・喜びのあまりママに抱きついた。
・でも18歳である。
・去年のエキシビットではパジャマで踊った。
等々...

この人のスケートは、可能性が見えるからすごい。
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-12-04 18:11 | news

あきまつり

b0016054_21165770.jpgあと少し、もう少しで
きびしい論文の冬も終わり
まさに、今、こんな気分
ついに100ページいきました
りっぱでラッパな論文書きたい
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-12-03 21:30 | place

悪い顔、悪くない顔

b0016054_15273193.jpgメディアに翻弄されている自分がわかる。
発表される情報により、犯人の写真が悪い人に見えたり、悪くない人に見えたりする。
逮捕されると悪い顔、
妻子持ちであると知ると悪くない顔に。
出稼ぎをして妻子に送金していたと知るとさらに悪くない顔、
性犯罪歴を詐称していたと知ると、とたんに悪い顔に。
そういうふうに見える。

人の印象や、ましてや視覚の情報なんて
思ったよりも信頼ならないものなのだ。
[PR]
by nakayamaharuna | 2005-12-01 15:33 | news