<   2007年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「breakfast」と「朝ごはん」

b0016054_1021946.jpg

食で探ろう!いのちの源「はじめの食べもの」展に関連して、ワークショップが行なわれます。子どもと大人、また大人同士でもご参加頂けます。「朝ごはん」と「BREAKFAST」を探るワークショップです。お誘い合わせのうえ、お申し込みください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
世田谷文化生活情報センター 10周年記念事業
食で探ろう!いのちの源 「はじめの食べもの」展 関連ワークショップ
<<<一日のはじまり 朝ごはんをつくろう!>>>

今回のテーマは一日のはじめに食べる「朝ごはん」。お米や世界で食べられている穀物の、種類や栄養について学びながら、みんなで調理してみましょう。

1. 7/7 お米を探ろう!和の朝食
 講師:志和地弘信(東京農業大学国際食料情報学部教授)
2. 7/14 世界の朝食を探ろう!オリジナルシリアル
 協力:日本ケロッグ株式会社

時間
両日午後1時〜4時(1日で完結のワークショップです)
対象
一般 2人1組(親子も可)
参加費
各1,500円(材料費1組分)※1組1名まで+500円で追加参加可
定員
各日15組
会場
世田谷文化生活情報センター生活工房4階ワークショップA
進行
.automeal
主催
世田谷文化生活情報センター生活工房
お問い合わせは世田谷文化生活情報センター生活工房まで

[PR]
by nakayamaharuna | 2007-06-26 10:31 | news

オープン!「はじめの食べもの展」

三軒茶屋駅、キャロットタワー3階の生活工房ギャラリーにて、
.automealの企画展がはじまりました。さまざまな「初め」と「始め」にまつわるお話とイラスト、写真を、ブログ形式にパネル展示でまとめています。
世田谷文化生活情報センターさんで3年にわたって企画させていただいている、「子どものおもてなし」ワークショップの記録もご覧いただけます。
小さなギャラリーでささやかにではありますが、見応えたっぷりです。
お近くにお立ち寄りの歳にはぜひお越しください。
[PR]
by nakayamaharuna | 2007-06-22 12:44 | news

マルチ

b0016054_127423.jpg地獄続きですみません。
生まれてきてしまってすみません的な、どうしようもない書き出しであるが、血の池の入り口には、堂々たるマルチマークがあった。たしかに、入り口入ってすぐが赤く煮えたぎる温泉でどん詰まり。しめて400円である。
それでも懲りずに海地獄、坊主地獄、ワニ地獄へと400円払いながら渡り歩いてしまう観光の恐ろしさ。
出口で極楽饅頭、地獄蒸しプリンなどをほおばって、観光地獄へとどっぷり浸かっているこのていたらくは、むしろ観光の醍醐味であるといえようぞ。

マルチ
[PR]
by nakayamaharuna | 2007-06-11 01:37 | kitakyusyu

地獄に行ったはなし

b0016054_1495865.jpg温泉が好きで好きでしょうがない人がいます。その方いわく、日本全国まわってみたけど、別府はお湯の種類も豊富で、長く居ても全然飽きないとのこと。結果として、その土地に住むことになったそうです。

別府には血の池、海、坊主、ワニ等々、様々な温泉地獄とよばれる観光地が点在しており、そういうネーミングがなされ、人々が見に集まるという風景に、日本の観光学の歴史を感じさせられました。観光とは。
[PR]
by nakayamaharuna | 2007-06-09 02:03 | kitakyusyu

「はじめの食べもの展」

b0016054_1275562.jpg
6月22日〜7月18日の期間、三軒茶屋キャロットタワー3F 生活工房ギャラリーにて「はじめの食べもの」展と題した展覧会を行ないます。

日々の食事や祭事の食べ物など「食」にまつわる「初め」と「始め」をテーマにした企画展示です。7月7日、14日にはワークショップも開催いたします。

食で探ろう!いのちの源「はじめの食べ物」
会期: 2007年6月22日〜7月18日(水) 9:00〜20:00
   会期中無休・最終日は17:00まで/入場無料
会場: 生活工房ギャラリー
企画: .automeal
主催: 世田谷文化生活情報センター 生活工房


入場無料、期間も長めですので是非お立ち寄りください。
[PR]
by nakayamaharuna | 2007-06-07 12:08 | news

水族館劇場

明日までですが、本駒込の大観音で、特設テントのものすごい芝居が見られます。これは演劇だけど、ひとつの重要な「経験」で、久しぶりに胸がざわざわとしてやみません。

水族館劇場
[PR]
by nakayamaharuna | 2007-06-02 00:10 | place